ねこめいし のすべての投稿

Mac mini(Mid2010)のメモリを4GBに増設

メモリが高騰化して中々増設に踏み切れなかったのですが、2GB×2枚組(4GB)の中古メモリが2,808円であったので、試してみました。

はたして4GB程度で効果が出るのか不安でしたが、実際に増設してみると、確実に効果が現れてました。増設前はメモリプレッシャーが黄色になることがあったのですが、増設後は終始緑色のままです。

メモリプレッシャー4GB

↑Xcode + iTunes + Chrome(Flash動画2本) + メール(Thunderbird) + Skype + iPhoto + OneDrive を立ち上げた状態

やはり、Yosemiteにアップグレードすると最低でも4GBは必要なようです。

スペック
機種: Mac mini(Mid2010)
OS: Yosemite
メモリ搭載量: 2GB→4GB

4GB増設によって快適さを感じた点をまとめてみました。

  • SpotLightの延滞が無くなった(反応速度が一目瞭然)
  • iTunesが立ち上がったまま作業しても快適
  • スワップ使用領域が数十MB程度に軽減された(増設前は数百MB程度)
  • クロームのタブを複数開いても快適

携帯アプリ販売の終わりとこれから

dマーケットでの販売もすでに終了し、ついにこの時期がやってきました。

こういった兆しは前々からありましたが、特に今年からはdマーケットにかぎらず顕著になるでしょう。携帯アプリ制作には色々思い出があるので、ちょっと寂しいですが。

これからの猫舌カフェについて

現在はスマートフォン向けのゲーム制作に挑戦していますが、マーケット配信にたどり着けるかは未定です。

スマホサイトの方も実験段階ですが、色々試しています。
ミニゲーム程度のものならHTML5ゲームとして遊べそうなので、まずはこちらから公開予定です。

スマートフォンへの移行に時間がかかって申し訳ないですが
今年もよろしくお願い致します。

Tweenクラスの使い方

スクリプトでモーショントゥイーンを実行させるにはTweenクラスのコンストラクタをnewするだけなんですが・・・

new Tween(パラメータ1…パラメータ7);

のように指定パラメータが多くて一度に把握するのは難しい。
なので、パラメータを継ぎ足しながらサンプル例を書き残しておきます。

まずターゲットとなるオブジェクトが必要です。
SpriteでもBitmapでも構いません。
あらかじめ初期化したsprite変数をターゲットにします。
new Tween(sprite,…);

次にプロパティ名と、その開始値、終了値を決めます。
プロパティ名は文字列で渡します。
たとえば、y軸を0から200まで移動するモーションなら
new Tween(sprite,“y”,…,0,200,…);

継続時間を決めます。
1秒間のモーションなら
new Tween(sprite,”y”,…,0,200,1,true);

最後のtrueパラメータは秒指定を意味します。

最後にイージング関数を決めます。
イージング関連のクラスは、
Back,Bounce,Elastic,None,Regular,Strong
の6種類。
Elasticクラスで定義されているイージング関数を渡すなら
new Tween(sprite,”y”,Elastic.easeOut,0,200,1,true);

ちなみに、最後のパラメータをfalseにすると継続時間がフレーム単位になります。

もっと詳しい内容はFlashのリファレンスガイドを参照

2つ以上のプロパティを指定するには?

実はこれがやりたかったけど、意外と思いつかなかったり。

new Tween(sprite,”x”,Elastic.easeOut,50,450,5,true);
new Tween(sprite,”y”,Elastic.easeOut,50,300,5,true);

のように、同じターゲットオブジェクトに対してTweenクラスを作ることで動きます。
(少々違和感を感じる記述ですが・・・)

グラボの故障でGT520へ換装

6年くらい使い続けたグラボが故障したので代替品としてGT520を購入後、取り換えました。

特に負荷をかけるような使い方もしてなかったし、さすがに寿命で壊れたのかな・・・
Leadtek製のGeForce 8600 GTSという製品らしいですが。

参考までにグラボ不調時の症状を書き留めておきます。

  • BIOS起動ロゴに縞模様が出て、OS起動で止まってしまう
  • グラボのファンは動くが、OSが起動しない
  • 突然画面がブラックアウトし、グラフィックドライバが再起動する

さて、気になるのは換装後のGT520はどのくらいの性能があるのかですね。
色々ベンチマークを試してみましたが、ざっくり言うとGeForce 8600 GTSと比べ、やや快適ぐらいです。

しかし、とてもお安く買えるので
GeForce 8600 GTSの代替品としては申し分ないです。

スプライト表示テスト

スプライト表示用のサンプルコード。
スター画像のスプライトを100枚生成して、バウンドさせます。
※サンプルコードでは、FPS表示処理は省いています。

上記のFlashデモを見る

ActionScript3.0でhello, world

トレースでハローワールド

TextFieldでハローワールド

dマーケットにて「いちご☆パズル3」配信中

thum_200

スライドパズル第3弾。
セーラー服少女のイラストを完成させて、おまけ画像をGETしよう!
今作からセリフ色分け機能を新搭載!
キャラクターのセリフが見分けやすくなったよ☆

詳細情報
「いちご☆パズル1」の詳細をdマーケットで確認